旧紙幣の 買取 価格

旧紙幣の 買取 価格はいくら?

といっても、たくさんありますから比較的高いといわれているものを紹介。

旧1円札大黒天のものです

1885年発行の古紙幣

状態にもよりますが、4万から30万という話もあります。

つぎに、身近な古紙幣


聖徳太子10000円

実は、いまでも使えますが額面以上の価値はありません。
しかし、連番やゾロ目、お札の記番号に記載されている
アルファベットがA-AAまたはZZ-Zであることや印刷ミスがあれば少し価値が上がります

このような感じで、古ければいいというものでもないようです

天皇 陛下 御 即位 記念 10 万 円 金貨

天皇 陛下 御 即位 記念 10 万 円 金貨はいくらくらいになるの?

2018年11月現在では13万円前後

ヤフオクでは、14万くらいかな

10万円金貨の気になる価値ですが、
おおよそ額面価格+5万円前後の幅くらいでお考えください。

10万円金貨をより高く売るために必要なことは何をすべきなのか?

”そのままの状態”が最も良いとされる古銭をはじめとした10万円金貨においては、
封を開けてしまったらその時点で価値が下がりますので未開封の状態で保管しましょう。

仮に開封してしまったので、汚れがついたとかあった場合。
きれいに掃除するのはだめだそうで。

なるべく、そのままが1番ということです。

記念コイン 買取

記念コイン 買取はどこで?

日本の記念コインは、それほど古くないなため、現時点での古銭の価値はあまりなく、
古銭の買取市場での価格は高くありませが、現存数が多く集めやすいコインですので、
収集の楽しみもあるコインともいえます。

東京オリンピック記念貨幣が日本で初の記念硬貨
昭和39年 のものですが、ある相場では10000円が上限ともいわれています。

意外な値段で驚きです。
もちろん、中にはもっと高額な記念コインもあるでしょう
大事なのは、状態がきれいか?

次に、なるべく早く売ったほうがよさそうというのが、現段階での話ですね。

あとは、どこで売るか?
やはり、高値で買ってくれるところがいいですから。